一戸建てとマンション

「一戸建て」と「マンション」、どっちが不動産投資にいいかというと、一般的には「マンション」でしょう。

もちろん、「一戸建て」にも「マンション」にも、メリットとデメリットがあります。

「一戸建て」のメリットは、中古であれば比較的安価で購入できることです。

それに、入居者が一度入ると結構長く住んでもらえますし、「一戸建て」を借りたいという人も少なくありません。

そのため、空室になっても入居者が見つかりやすいのです。

とはいえ、なかなか入居者が見つからない場合には、収入が0になってしまいます。

「一戸建て」の賃貸物件はそれなりに人気がありますが、必ずしもすぐに入居者が見つかるとは限りません。

人が入らなければ、その間は収入が0のため、リスクが高いといえます。

一方、「マンション」に投資するメリットは、一棟投資であれば「一戸建て」と違って、収入が0になることがほぼありません。

ただし、一棟投資の場合、ある程度まとまったお金が必要となるのがデメリットです。

区分「マンション」投資なら資金が少なくて済みますが、「一戸建て」同様に、収入が0になってしまう恐れがあります。

このように、メリットとデメリットを考えると、「マンション」の一棟投資がベストでしょう。引越し見積もり 同市内でいくら?複数の引越し業者で比較