陰と陽の関係を大切にすると痩せやすいカラダに・・・

陰と陽って何のこと?って思われた方、あ~知っているわ。って思われた方。
それぞれでしょうね。ここでは知っている方も一緒に聞いて頂けると嬉しく思います。
まず、陰と陽これって何でしょうか?
人は男性と女性があります。筋肉にも収縮、拡張があります。そして内臓の働きもそうですよね。自然の摂理で太陽と月があります。私たちは自然の中の一部として生きている事を考えた東洋医学の考え方なんです。
対して西洋医学では人間は有機体で細胞で出来ている。そしてどこかに故障が起きると病気となると考えるそうです。
でも、人間って機械ではないので、どこかが故障しているわけでもないのになんだか、調子が悪いって事もあるのです。あなたにも経験ありませんか?
どこが悪いって故障部分は見つからないけれど、なんだか胃の調子が悪くて食欲がないとか体が冷えて、いつも寒くて動く気力がないとか。こんな病気ではない状態を西洋医学では「病気はみつかりません。」となっちゃうのですよね。だから、周りからは単に怠け者みたいに思われちゃったりして・・・。自分でもどのように対処してよいのかわからずに迷ってしまう。自分を駄目な人間だとせめてしまう事もあったりします。
でもね、東洋医学の考え方はこれを「未病」と考えます。この「未病」の段階で対処をしておくと病気に発展せずにすむのです。
そう考えると予防のようなものですね。では、お話を元に戻して、東洋医学では男性を陽、女性を陰と考えます。それと同じように太陽を陽、月を陰と考えます。
生理の事を「月のもの」とも呼びますし、女性は月と同じ性質を持っているのですね。
なんだか、ロマンティックではありませんか?
陰と陽は違う性質を持つために引き合うと言われています。
そしてこの陰と陽のバランスを保つ事が私達には大切だとも言われているのです。
そして、食事の材料も陰と陽に分けられます。
地球に向かう根っこの部分を陽。空に向かって伸びる葉の部分を陰といいます。
野菜で例えると土に埋まっている根菜類は陽。空に向かって伸びる葉采類は陰と言われています。そして果物全般は陰です。お肉は陽。お魚は陽~中庸と言われています。
そして、それぞれ役割があるんですよ。
陽はカラダを温めて、新陳代謝をアップさせる働き。陰はカラダを冷やして、新陳代謝を抑制して消炎作用の働き。といわれています。
女性は冷え症の方が多くて、そして冷えが原因で代謝が悪くなりムクミやすく太りやすくなる方が多いものです。
あなたはどうでしょうか?
もし、冷え性かも?って思われているのでしたら、陽の食材を多くとるようにした方がダイエットにも健康にも良いでしょう。
陰のものでも、調理法方により陽に転換できます。例えば葉野菜もよく煮て食べると陽になりますよ。逆に、痩せたいからと、生サラダと果物ばかりだと陰に傾いて、冷え性が
更に増進されます。さて、あなたのバランスはいかがでしょうか?看護師求人 土日休みはありますか

グズ病症候群から解放されよう

あなたは、決断を先延ばしにしている事はありませんか?やらないとなあ~と思いながら
何かと言い訳を自分で自分にして、後回しにしている事ってありませんか?
生きていると本当にしないといけない事が山積みになってきますよね。例えば、こんな感じに。インターネットから毎日来るメールに返信をしなければいけない。ポストの郵便物の整理をしなくちゃ。そういえば、そろそろ季節の衣替えもしてクリーニングにもって行かないと・・。あっこんな事も忘れてた!友達から来週にコミュニティのお誘いを受けていたんだったっけ?返事まだしてなかった。それとえ~っと。心の片隅にいつかいつかと思っている事。そうそう、いつかあの資格を取る勉強をしよう。そして転職もして新しい自分を発見したい。でも、今は忙しくて無理だからあと少し先にしよう。それより、明日はゴミの日だから、ゴミを出さないと・・・。こんな感じでやる事、やらなければいけないことは毎日押し寄せてきますよね。ついつい、決断をしないといけない事を延ばし続けている事が実はストレスになっているって思った事ありませんか?
案外、決断して実行に移すとそのもやもやした気持ちは溶けていくものではないでしょうか?あなたは、自分が決断してそして実行する何かを先延ばしにしていませんか?
こんなパターンもありますね。
勉強はもう充分しているのに、まだまだ知識を入れないと実行には移せないわ。と考えてなかなか実行に移さない。行動に移せずにいるってパターンです。
まるでいつか全てがそろって「あなたはもう大丈夫です。行動していいですよ。」って誰かが言ってくれるのを待っているような。そういう太鼓判を待っていても誰もそれをしてくれる訳でもなく、なんだかもやもや。グズグズ。これが自分に自信を持てなくてストレスを抱える原因となっているかもしれませんよ。
今までのお話ってダイエットとは何ら関係ないように感じられるかもしれません。
でも、密接に関係していると思いませんか?
食欲って生理的な部分で感じるものと、食欲とは関係のない心で感じる空腹感。
カラダはお腹いっぱいなのに、食べないと気がすまない。そんな気持ち。
それはどこから来るのでしょうか?
満たされない心からではないでしょうか?
本当はやりたい事ややらなければいけない事を言い訳を作ってしていない時、食べ物で
そのもやもやした気持ちを紛らわそうとします。
それが、お腹一杯なのに食べてしまう心の問題ではないでしょうか?
ココロの問題を解決する事が食欲過剰、過食を抑える事になると思いませんか?
「そんな事と食べ物何も関係ないわ。だって忙しいんだから。やりたい事なんて何かもわからないし。ストレスから食べているわけではないわ。」ってあなた。
そうですよね。「忙しい」ですものね。ではその「忙しさ」があなたに考える時間を与えずにココロに無理をさせていませんか?
知らず知らずのうちに心にガマンさせて、やらなければ行けない事も後回しにしてグズグズしているなんて事ありませんか?
これを「グズ病症候群」と呼びます。このグズ病症候群から抜け出すと、心がスッキリしてそれが、あなたのカラダもスッキリとさせてくれるのかもしれませんね。
あなたに心あたりはありませんか?ホスピピュアで黒ずみを消しましょう